ババ商店だより

レーザー切断機導入

レーザー切断機導入にあたって、佐伊津神社の神主さんをお迎えして、火入れ式を行いました。

 

 


導入にあたって準備を担当された
渕上さんに話を聞きました。


※いつ頃から、準備を始められましたか

1月末から


※導入にあたって、どんな準備が必要でしたか

プラズマ切断機の撤去や生コン打ち、レール架台の据え付けなど

レールの据え付け

※長崎に機械の視察に行かれましたが、どんな感想でしたか

ガスやプラズマと違って、一度に何枚もの鉄板を切っていたので感心しました。

鉄板の置き場所が意外と狭かったので、かなりのスペースが必要だと感じました。

穴をあけるとかなり時間がかかっていたので、オートボーラーと併用して使うと効率よくいけると感じました。


※実際、搬入されて、据え付けられた時はどんな感想でしたか。

柵や階段などを付けた事で安全性は確保できたと思います。

みんな初めての機械なので、とにかく軌道に乗るまでは大変だと思います。
搬入の様子


※搬入後、準備段階では分からなかった苦労などありませんでしたか。

鉄板架台が高すぎて、据え付けた後にすべて足を切って溶接をし直し、大変苦労しました。


※レーザー切断機導入によって、今後、どのようなメリットが考えられますか。

無人で動かせることと、カス取りなどの作業が不要になることでの人件費などのコストダウン

精度の良い製品の提供ができること。

 

ありがとうございました。

切断機に指示を出すデータのソフトも、Dos版からWindows版になり、格段と使い勝手がよくなりました。
早く軌道に乗るように、社員一丸となって取り組んでいきたいと思います。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

表示中の記事

カテゴリー

アーカイブス

コメント

リンク

プロフィール

ブログ内検索


Copyright©2012 ババ商店株式会社 All Rights Reserved.